店舗内装は安全さにも配慮して

店舗内装は安全さも重要

店舗内装はお店のイメージを大事にするだけでなく、安全さも重要視する必要があります。
特にお客さんの出入りが多いお店であれば、店舗内装はスッキリとしたものにして、インテリア小物なども最小限にしたほうが良いでしょう。
広くて殺風景に見えるようであっても、ところどころに観葉植物などを置けば明るく清潔感もでますし、またお洒落な感じにもなります。
ほどほどに背丈のある植物を選べば足元に引っかかったり、つまずいたりする危険性も減るので良いです。
観葉植物は飲食店や雑貨店、またサロンなどでもおすすめです。
お店の種類を問わず、特別なセンスも必要なくお店のイメージを良くしてくれるので良いでしょう。
また、人気エリアにある店舗であればその土地の賃料がかかってしまうので、大きなお店は持つことができないということもあります。
そうした時は、吹き抜けにして店舗内を開放的にしてみても良いです。
扱う商品が少なかったりすれば二階などは必要ない場合も多いので、思い切って店舗内装を変える時に吹き抜けにリフォームすると良いです。
古い民家などを活用して店舗にする場合も、リフォーム次第でお洒落にできます。
古い民家であればメンテナンスにも費用がかかってしまいますが、使う空間をワンフロアにして、メンテナンスが必要になる部分を減らせば、維持していくのも楽です。
部屋数が多ければそれだけ管理もメンテナンスも大変になってきますが、人の住まいとしてではなく店舗として活用するのであれば、ワンフロアあれば十分だということもあります。
古民家調の良いイメージを活かして和風の雑貨を扱ったり、和のカフェにしたりするお店は多いです。

僕が店の内装DIYをしない理由は
地震などの際に破損したりして
お客様が怪我しないようにするため
プロに任せた方が絶対に良いから
素人とプロでは、建具などの強度が全然違うから
内装は、オシャレ以上に
安全性を一番に考えた作りにしたい。

— ウッディ(Wikipedia美容師) (@woodytt0604) August 23, 2018

店舗内装は安全さも重要 | 元からある素材を活かしてコストを下げる | アイデアと現実的な部分をうまくマッチングさせよう

株式会社エイケー | 店舗内装の業者は3タイプ?