店舗内装は安全さにも配慮して

元からある素材を活かしてコストを下げる

店舗内装は安全さも重要 | 元からある素材を活かしてコストを下げる | アイデアと現実的な部分をうまくマッチングさせよう

店舗内装も、元ある素材を活かして行えばコストも下げられます。
古い民家などは特に見た目はとても古くてところどころ改修が必要になるような箇所は多くても、柱は丈夫でまだまだ使えるということも多いです。
立派な柱は今の家ではなかなか見かけることもできなくなってしまいましたし、店舗によってはその柱がお店のイメージを良くしてくれたり、高級感を出すのに役立つようなこともあります。
古いものと新しいものをうまく協調させることによって理想の店舗にしてみても良いです。
また、店舗内装は外観と異なり外からは見えないものなので、よくある店舗に似せて作っても問題ないことがほとんどですし、実際配置やイメージ的なものであれば似たり寄ったりのお店も数多くあります。
逆に変に変化をつけてみたりすると、従業員が作業しにくくなったり、お客さんが動きにくくなって快適にすごせないというようなデメリットも出てきてしまうので、害損店舗で快適だと感じるお店があれば似せてみるのも良いです。